記事一覧

三井住友の決断

その経緯をドコモ幹部の話でまとめると、こういうことだった。○四~○五年にかけてドコモはアクワイアラーの候補として三井住友カードやJCBに打診を行った。その頃、三井住友フィナンシャルグループは、西川善文(現日本郵政社長)がまだ現役の頭取で、UFJグループを巡って、陣頭に立って三菱グループと最後の綱引きをやっているところであった。ただ、情勢は三井住友側に不利に傾いているようだった。UFJグループの心は、同じ関西の三井住友よりは、東京の三菱側に傾いており、次第に三井住友フィナンシャルグループ入りの気持ちがないことが感じられるようになった。

西川としても、「UFJを取り損なった時を考えて何らかの戦略を考えねばならない」と、焦りを感じていた。それにしても、三井住友にとっては、UFJを取り逃すことは大きな痛手であった。すでに述べたように、とくにクレジットカード分野では影響が大きかった。長い間VISAの盟主として君臨してきたのに、その座から滑り落ちることがはっきりし始めたからだ。というのも、VISAインターナショナルは、各国の最も会員数の多い銀行やカード会社をその国の盟主と決めて、戦略的な情報を最初に提供する決まりをもっている。

今までは三井住友カードはナンバーワンの会員数をもっていたから、その資格があったが、UFJが三菱グループに行ってしまうと、傘下のニコス、セントラルファイナンスなども三菱に加わってしまうため、三菱グループ内のカード会員数が日本最大になってしまうのだ。そうなると、自動的にVISAの盟主の座は三菱に移ってしまう。サンフランシスコに本部をおくVISAインターナショナルは世界の銀行、カード会社が少しずつ出資して作った団体だが、世界のクレジットカード取り引きの約六割を占めるガリバーである。

その影響力は圧倒的で、三井住友カードが、VISAの盟主の座を滑り落ちたら、インターナショナルから与えられてきた独占的な情報や便宜を得られなくなってしまう、それはすなわち、国内の他のカード会社との関係でも今までのような優位な立場に立つことは難しくなることを意味していた。これは、グループとしてみても、手痛い打撃になりそうだった。そこで西川は何とかこのマイナスをカバーする新しい展開を考えねばならなかった。その悩みを抱えているところに、ドコモがケータイを使ったクレジットという二十一世紀的なアイデアを持ち込んだのだった。しかも、ドコモは、ありあまる資金で出資までしてくれるという。ある意味、渡りに船であったのだ。

クレジット業界は、状況に合わせて姿を変えてきた。「ケータイを使ったクレジットという新しいコンセプトに乗って市場を押さえるのも悪くはない。当座の戦略としては十分に有効である」と、判断した西川はドコモの誘いに乗ることにしたのだった。三井住友グループとすれば、UFJグループは取り逃がしたし、このままいけば、会員数や取扱高といった数の争いで、負けがはっきりしている。同じ土俵で戦っては勝負にならない。それなら土俵を変えて戦えばどうだと考えた。そこでの戦いに引き込めば勝てるかもしれない。ギリギリの決断であった。しかし、これはクレジットカード陣営にすれば、裏切りにみえた。そのため、その後しばらくはギクシャクした関係が続いた。